特急すぺーしあ

数学が好きです。記載内容に間違い等がありましたらTwitter、コメント欄のどちらでも構いませんのでご連絡いただければ幸いです。

[tex:1 + 1 = 2]

今週の数活(2~3週目)

どうもお久しぶりです。

先週は私用のため、あまり数学をする時間が取れなかったので2週まとめての更新となります。

 

解析概論

第3章 積分

31.定積分の性質

P.105

まで読み進めています。

 

aozoragakuen.sakura.ne.jp

こちらの定理52(連続函数ならば積分可能である)を参考にしました。積分の章を読む中で連続という概念について理解が深まることが多々あったので、分からなくても一旦は部分的に認めて先へ進むということも大事かもしれません。

また、ここの一部で現在足踏みしているため、今日もう一度トライして理解できないようなら質問するかとばそうかと思っています。

 

寄り道

integers.hatenablog.com

integers.hatenablog.com

私自身ゴールドバッハの名前を冠した予想、結果は、有名なゴールドバッハ予想しか知りませんでした。シンプルで「ほえー」ってなりました。(ひどい)

また、望遠鏡和という言葉自体は「はじめての数論」で用いられていたため、知っていたのですが、どうやら日本ではあまり広まっている言葉ではないようですね。ぜひとも広まってほしいです。

 

mathtrain.jp

解析概論を読む以前から理解したかったことの一つです。微分の章を読むことで理解することができました。

 

mathtrain.jp

mathtrain.jp

この二つは積分の章の冒頭に出てきた、いくつかの函数とその原始函数の例の中で分からないものがあったため参考にしました。つくづくまだ高校レベルを出ていないのだなーと溜息をついてしまいます。ともあれ地道にやっていくよりありません。

 

mathwords.net

せきゅーんさんより質問の回答をいただいた時に出てきた言葉でした。今、まさに自分が学習対象としている空間の名称すら知らなかった・・・。当然のことながら数学にはいろいろな空間がありますよね。バナッハ空間、ヒルベルト空間。いずれも定義すら分かりませんが。今後ぶち当たることになるのでしょうか。

 

息抜き

parvan.hatenablog.com

素敵なブログを見つけました。タイトルにインテジャーズ味を感じます。まだ残念ながらこのブログを読めるほど積分レベルが高くないため眺める程度です。

 

adventar.org

インテジャーズアドベントカレンダー。12/17。素数日に投稿させていただくことにしました。書くと決めてからも度々、「独自の知見を語れるほど数学力無いしな~」などと少し暗い気持ちになっていましたが、「いま語れる範囲で楽しさを伝えられたら十分!」と開き直ることができました。自分で見つけたものなど微々たるものですが、紹介するものの一つにはきちんと証明をつけます。可能な範囲で証明をつけることがインテジャーズの方針、理念だった気がするので!

integers.hatenablog.com

 

雑記

 ここ最近で2つ思うところがあったのでまとめます。

 1つ目。叔父が亡くなりました。そのためしばらく実家に帰ったため数学をする時間が減ったのです。仏事の間は、つくづく時間は有限なのだなと思いました。頭は良くありませんが、正常に働く内に目標を達成したい。そういう気持ちが強くなったように思います。

 2つ目。学生時代からの友人が転職に成功しました。話を聞くに業界内では名の通った企業です。私も同じ業界で働いています。そのため、自分は末端の中のそのまた末端にいるのに・・・。という大分暗い気持ちになりました。そういう気持ちになったのも、今現在自分がやりがいを持って働けておらず、また、趣味においても自己実現できていないためと思われます。輝いている人を見るのは辛いものがありました。

 ではどうしたら自分が満足できるのか。やはりまずは何よりも目標として掲げた素数定理の理解だと思うんですね。これを半端に終わらせるようなことがあったら地縛霊として現世に残り続けると思うんです。これまで以上に気合入れて頑張ります。また、大変光栄なことにせきゅーんさんから11/24のMathPowerの打ち上げに誘っていただけました。当初はコミュ障だからせきゅーんさんにお礼言って栄養補給して速やかに帰ろう!と思っていたのですが、参加される一部の方に、それぞれどんな働き方があるのか、どんな仕事をしているのかを聞いてみることにしました。こういった数少ない機会を活かしてより良い人生にしていけたらいいな、と思います。終わり。